アトリエ・センターフォワード ワークショップVol.15 in 大阪/東京

「台本を行動で読む! 確信をもった演技とは!?」

 

 

大阪WS
2020年1月13日(月・祝)13~20時

 

寺田町 表現者工房1Fノワールにて

〒544-0025
大阪市生野区生野東2丁目1-27 寺田町延三ビル

JR大阪環状線『寺田町駅』北口から徒歩15分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京WS
2020年1月25日(土)26日(日)13~20時
都内スタジオにて

 

 

 

 

【WS内容】

矢内文章のオリジナル戯曲『シャワー』(2012年上演、文化庁芸術祭参加作品)を題材に、
抜粋したシーンを演じてみながら、「今、何をしているのか?」と登場人物たちの行動で戯曲を読み解き、イキイキした演技、力強く奥行のある演技を体験していただきます。
チャレンジ&ディスカッションの濃密な時間を過ごしましょう!

 


【講師】

矢内文章 (劇作家・演出家・俳優。アトリエ・センターフォワード代表)

 


【参加費】
大阪WS 3000円
東京WS 5000円
銀行振り込み、または当日精算。

 


【参加資格】
※年齢不問。
※俳優経験1年以上の俳優、演出家、劇作家。
演出家、劇作家、演技初心者の方はオブザーバーとしての参加となります。
オブザーバーは、ディスカッションに参加しながらの見学となります。
※申し込み受付後、『シャワー』全編をお送りするので、必ず読み、指定されたシーンのセリフを覚えてくること。
東京WSはできるだけ2日間参加のこと。(25日のみの参加要相談。26日のみは不可。)

 


【備考】
食事などの長い休憩は取りません。だいたい15分程度の休憩が90分ごとに入ると思われます。

 


【参加申し込み】
アトリエ・センターフォワード公式HPより申し込み
http://centerfw.net/

 


【連絡先】
info@centerfw.net

 

 

【矢内文章プロフィール】
アトリエ・センターフォワード代表。演出家・劇作家・俳優。
自らの劇団で作・演出を務めるほか、外部への作品提供、演出、出演も多数。
脚本に『アシマの銃、セギルの草笛』(NHK-FM特集オーディオドラマ文化庁芸術祭参加作品)、演出で日韓演劇キャンプ派遣。出演代表作として『エンジェルス・イン・アメリカ』(読売演劇大賞優秀作品賞ほか受賞)。
ワークショップや演劇学校での講師としても活動中。

ページの先頭へ