配信者工房とは?

コロナ禍によるアーティストによる集客への自粛要請に対して、クリエーターやパフォーマーが映像配信による発信・発表の機会を拡張するために表現者工房のノワール、肥後橋セミナールームに映像配信機器の増設を決定。
肥後橋セミナールームにて、その設備のテスト配信、設備の情報発信、他ジャンルのアーティストの情報発信の場として2020年5月にインタビュー番組”配信者工房”をスタート。

若旦那家康(コトリ会議)と有北雅彦(かのうとおっさん)がインタビュアーとして、あらゆるジャンルの表現者から活動の成り立ち・現在の活動・これからの展開について話を聞く約30分の配信番組です。

インタビュアー紹介

若旦那家康

《舞台制作者/俳優 コトリ会議所属》

1978年生まれ。神戸大学在学中より小劇場で演劇活動をスタート。自分がおもしろいと思うものを伝播させること、他地域間のアーティストの交流、キャリアの違うアーティストの交流をモットーに、公演企画やワークショップ、演劇祭の制作を手がける。

有北雅彦

《作家/演出家/俳優/翻訳家 かのうとおっさん所属》

1978年生まれ。大阪外国語大学(現在は大阪大学に統合)在学中に演劇活動スタート。演劇活動以外にもイタリア映画や書物の翻訳や、仕事についてのインタビュー本を執筆し出版。

動画閲覧はこちら

配信者工房youtube無料版はこちら(youtube内リンク)

配信者工房 第14回後編、第18回以降の後編の閲覧にはアッセンブルド登録が必要です。

アッセンブルド登録詳細はこちら